ご飯とおやつの与え方

ミニチュアダックスフンドを飼っています。小さな時からカリカリのドライフードにパウチの缶づめを混ぜて朝と夜2回与えています。

今は14歳になって、目 もみにくくなり、かなり老化が進んでしまいました。老化と共に、より一層ドライフードだけではなかなか食べてくれず、缶づめなどを混ぜるのですが、缶づめ を、お皿に移して、電子レンジで温めてから、ドライフードと混ぜます。

そうする事で、缶づめの匂いが広がり、目も見えにくくなってしまった老犬でも、匂い につられて勢いよく食べます。

缶づめの他に、瞳ケアや骨強化のサプリメントのふりかけもかけてあげたりします。おやつは基本的に朝起きて散歩の後に1個だ け与えています。

年齢的にも、好きなもを好きなだけ与えてあげたい気もしますが、ミニチュアダックスフンドは、加齢と共に太りすぎると腰への負担が多くな り、ヘルニアになってしまったりするので、餌以外のおやつの与え方には十分注意しています。

初心者の為の犬の育て方・ドッグフード・健康

そのお陰もあって目などが見えにくくなる老化は進んでいます が、体型?は若い時と特に変わりなく、見た目はあまり老けたと感じさせません。可愛さあまりに、ついついオヤツなど与えたくなる気持ちはよくわかるのです が、愛犬のために、管理は絶対必要です。

人間の食べ物は与えません!

我が家では、トイプードルのメス(2歳)を飼っていますが、基本的には市販のドライタイプのドックフードを与えています。体調にもよりますが、健康な状態 であれば、ドックフードに表記されている分量を与えるだけで特に変わったことはしません。ただ、体調があまり良くなく餌をあまり食べないときには、ドライ タイプのものであればお湯を少量混ぜて柔らかくしてから与えたり、半生タイプの餌を買ってきて与えるようにしています。
おやつは、与え過ぎると肥満につながるので、基本的にはしつけの際のトレーニングのご褒美で少量のみ与えるようにしています。また、ストレス解消と歯磨きのためにアキレス腱ジャーキーなどの噛みごたえのあるものをたまに与えています。
ドックフードもおやつも市販のものは保存料が入っているものが多いので、気になる人もいるかと思います。しかし、最近のものは栄養バランスも考えられてい ますし、犬種ごとの製品や個体の大きさ・肥満度によっての製品も多く出ているので、それほど高くない市販品で充分だと思います。
1番気を付けなくてはいけないのは、人間の食べ物を与えること!犬にとっては味付けも濃すぎるし、脂分も多過ぎます。欲しそうにしているから、あげないの は可哀想という考えではなく、あげることによって体調を崩したり寿命が短くなることの方がよほど可哀想だということを多くの飼い主さんにしっかりと認識し てほしいです。

イヌに「餌」をあげる?それとも「ごはん」をあげる?

私がまだ子供だった昭和の中頃には 犬を飼うという事は ほとんど外飼いでした。 庭先に犬小屋を作って 雨の日も風の日も雪が降っても 外で飼うというのが常識で 一部のお金持ちの家でだけ 海外から輸入されたようなお洒落なイヌを家の中で飼っていました。
そういう具合でしたので 犬はあくまで番犬のようなもので 今の時代のように「家族」としては扱われてはいなかったと思います。
「餌」についても 人間の食べた残り物で 味噌汁にご飯を混ぜた いわゆる「ねこまんま」などを与えていました。
今でこそ 塩分の高いものを与えてはいけないとか 「たまねぎ」を与えてはいけないとか言われていますが その当時はそれが普通のことで 犬に与えてはい けないものがあるなどとは 一般の人達は知りませんでした。 ですから ほとんどの犬は 今のように長生きすることもなく 数年で亡くなってしまっていた ようです。
現代では 獣医学の研究も進んでいますので 犬にとっては どういうものを食してはいけないという情報を 私達も簡単に知ることができます。
また 犬は群れ社会で生きる動物ですので 飼い主やその家族の住む家の中で 一緒に暮らすことが 彼らの幸せでもあると思われ いまや家畜や番犬ではなく 「家族」の一員として扱われるようになったのだと思います。
そういう犬との生活の中で 私達は もう「犬に餌をあげる」とは言わなくなってしまったような気がします。
私自信も 「ワンコのご飯の時間だ」と 普通に言ってしまいますし 家族の一員である犬に対して(そもそも「犬」とも言いたくありませんが・・)「餌をあげなくちゃ!」などという飼い主さんを見たことがありません。
もはや犬は 私達にとっては 「人生のパートナー」とも言われ 大切に扱われるようになり また同時に獣医学の発達や動物病院の普及で 病気を予防・治療 したりすることができるようになって とても長生きすることができるようになりました。 これは 飼い主にとって とても喜ばしいことです。
同時に 飼い主は 犬の健康についての知識をしっかり見につけることが大切です。
犬は 基本的に雑食ですので 人間の食べるものを食べられるし 食べたがります。
でも 人間とは内臓の機能の違いから 絶対食べてはいけないものもあります。 ねぎ類・イカやタコなどの消化の悪いもの・コーヒーなどのカフェイン・ブド ウなどもいけません。他にも 危険なものがたくさんありますので 安易に人間の食べ物を与えることは注意したほうが良いでしょう。
これからも 大切な私達のワンコが 幸せに長生きできるように サポートしてあげたいと思っています。

味の濃いおやつは控えよう

なんでも勢い良く食べるワンちゃんですが、味も判断しています。犬用おやつって味の濃いものが多いのですがその味を覚えてしまうとその他の食事を食べなく なってしまうことがあります。人間の食べ物を上げてしまうのももちろんだめです。人間の食べ物は犬にとってもものすごく濃い味に感じます。この味を覚えて しまうと最悪です。
おやつは食べなくてもいいと言われていますがしつけのご褒美やコミュニケーションを取る場合など上げたくなる場面が多いですよね。
ただおやつもきちんと栄養を考えて選ぶといいですね。添加物のないものを選び、塩分や脂肪分も犬にはよくありません。
おすすめは低カロリーと書かれたクッキーです。ボリュームがあり低カロリーなクッキーなら犬も満腹感を感じて食べ過ぎることがありません。さらにカルシウムなどドッグフードだけでは不足しがちな栄養も摂ることが出来ます。
おやつも上げ過ぎはよくないですが適切な量なら問題ありません。良いおやつを上げてワンちゃんとの絆をもっと深めてください。